スキンケアはじめま専科


スキンケアはじめま専科ブログ : 2016/09/16


植物に存在する化学物質、フィトケミカルの一つのイソチオシアネート類のスルフォラファン(sulforaphane)という揮発性の化学物質について、
肝臓が分泌する解毒酵素の機能的な産出を促しているかもしれないという事実が判明しました。

悪性の卵巣腫瘍である卵巣ガンは、
普通ならば身体をガンから護る作用を持つ物質を生産するための鋳型ともいえる遺伝子の異常が引き金となって発病する病気だということです。

最大の臓器である肝臓に中性脂肪(中性脂質)や食物由来コレステロールが多く溜まった脂肪肝(fatty liver)は、
肝硬変や糖尿病等々ありとあらゆる合併症をもたらす可能性があるのです。

虚血性心疾患の一つである狭心症(angina pectoris)の外科的な施術では大方の病院で「大動脈内バルーンパンピング法(IABP法)」と「冠動脈大動脈(かんどうみゃくだいどうみゃく)バイパス移植術」の2種類の技法が標準的に実施されています。

好気性桿菌の結核菌は、菌に感染している人が「咳」をすることによって室内に投げ出され、
空気中でふわふわと浮いているところを今度は別の人が呼吸の際に吸い込むことにより次々に感染します。

酒類に含まれるアルコールを分解する力のあるナイアシンは、
苦しい宿酔に大変有効です。
辛い二日酔いの根源物質だといわれるエタナール(アセトアルデヒド)という物質の無毒化に作用します。

体を動かすのに必要なエネルギーとしてすぐに働く糖分、
新陳代謝に必要となるタンパク質など、
過度のダイエットではこの2種類に代表される活動を確保するために欠かすことのできない成分までもを減少させてしまう。

チェルノブイリ原発の爆発事故に関する数十年に及ぶ追跡調査のデータからは、
大人よりも未成年のほうが風に流されてきた放射能の害をより受けやすくなっていることが理解できます。

普通なら骨折は起こさない程度のごく弱い力でも、
骨の限定された個所に繰り返して切れ目なくかかってしまうことによって、
骨折へとつながることがあるので油断できません。

欧米諸国では、新しく開発された薬の特許が満了した30日後には、
市場のおよそ80%がジェネリック(後発医薬品)に取って代わる医薬品もある位、
ジェネリック(ジェネリック医薬品)は地球上で親しまれているという現実があります。



ホーム RSS購読 サイトマップ